ブログ

インターネット中継から取り残されている西宮市議会

 3月議会開会中ですが、今週は、インフルエンザでダウンしておりました。
 今回罹患したインフルエンザは、A型で特に感染しやすい、ということで、医師からも「発症から5~7日ぐらいは感染力が強いので外に出ないほうがいい」とのことでした。ので、この週末もなるべく家にいることにしました。

 さて、ところで、昨年9月にもインターネット中継をと、無所属議員4人(岸利之、たかはし倫恵、谷本豊、よつや)が改めて、議長、議運委員長、議会改革特別委員会委員長、広報委員長宛に申し入れを行いました。
 議会改革特別委員会にも、議運にも、また、広報委員会にも参加させてもらえない無所属ですから、このような申し入れをおこなったものです。
 その折に、たいへん恐縮ですが、引き合いに出させていただいた、この阪神間では、西宮市議会と川西市議会だけが、まだインターネット中継(生中継あるいは録画中継)を行っていない、と指摘しておりました。
 が、この3月議会から、川西市議会さんも、録画中継を実施されています!!

 ということは、いわゆる阪神7市1町の中で、西宮市議会だけが、録画中継も生中継も行っていない議会、ということになってしまいました。
 
 4年前に議会内でつくったインターネット中継調査・研究プロジェクトチームのメンバーとして、私も積極的に「中継を実施すべき」と発言してきましたが、当時の結論としては「新たな費用を発生させずに実現することが可能であれば、議会の動画中継を実施するべきである」という報告になりました。
 また「今後に関して広報委員会において議論されるべきである」という報告内容でしたが、今現在の議会改革特別委員会での協議事項に上がっています。

 早急に、実施に向けての結論を出すべきでしょう。
 今日的にはあたりまえの市民に開かれた議会とするために、しかも、兵庫県内でも遅れをとっているとの指摘も払拭するために。
 ネット中継実施は、待ったなしです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP