ブログ

市民の方からのご指摘や相談事など…。

 このところ、私のところにも、市民からのご相談や、ご提案、また、市役所の対応のまずさなどのご指摘が続いています。

 多いのは、市役所の一部の職員のことではありますが、市民の方への本来あるべき対応についてのご指摘や、苦情などです。
 昨日は、ある法人格を取得されて、その関連で市役所に申請事をしなくてはならず、訪れた市民の方からのお話で、窓口での対応のこと。

 過日、取得したばかりの法人の定款の原本について、窓口の職員から、コピーを取らせてほしい、ということで、定款の原本を一旦手渡すと、対応にあたった職員はホチキスドメの一連の原本をバラバラにしてコピー取りしたとのこと。
 定款などの文書が2枚以上の紙にわたる場合にその文書が一連一体の証書であることを示すために「契印」を頁ごとに押すのですが、これは、バラしてはいけないもの。つまり、ホチキス止めであるなら、そのあるがままにコピーも取らないといけないものです。

 対応に当たった職員は、そのことを知らなかったようで、その点については、後刻、責任者が「今後こんなことのないようにします」という趣旨のことを述べてお詫びしたようです。
 ただ、一旦バラバラにしたものを元の厳密な書類としての形には戻らないし、当事者である市民の方への対応がまずいのではないか、と割り切れない思いを抱えて帰路につかれたようでした。

 些細なことのようですが、ご本人にとっては、法人格を取得してこれから活動をバリバリやっていこうという矢先のことで、気分のいいことではありません。
 市役所では、日々、様々な市民への行政サービスがあるのでしょうが、どこまでも、市民の立場にたってお願いしたいものです。 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP