ブログ

看過できない事件。

これまで、市役所の職員の不祥事はあまり、このブログでは書くことはありませんでした。

しかし、これは、看過できないのではないかと思われます。(当時者双方から聞き取りなどできないので、この表現しかできませんが)

神戸新聞によると、女性職員が市には、当該、人事部長(当時)の懲戒処分を請求し、警察には被害届を出していたということです。

今日、新聞発表する直前に人事課から届いた処分内容は、

「第 33 条(信用失墜行為の禁止)」に触れる行為として「停職3か月」でした。

しかし、女性が上司から受けた行為について警察に被害届を出すというからには、相当の覚悟の上であると同時に被害状況だと考えるべきです。

被害届の構成要件は刑法178条2項の「準強制性交等」の罪にあたる内容なのではないのか、その点について、改めて、明日、総務局に確認したいと思います。

https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201904/0012268362.shtml

 

PAGE TOP