ブログ

「DVと児童虐待」について質問しました。

「3期目」最後の一般質問が終わりました。

今回は、1月に発覚した千葉県野田市の「DV・虐待」事件。10歳の女の子が被害者となったこの事件を契機の質問ではありますが、今までも、児童虐待とDVについて、何度か場所を変えて質問をしてきました。

活動報告今回の質問概要は、

① 西宮市はDV虐待事案に対して、どのように連携強化をすべきと考えるか。

② DVと虐待の関係性、DVの子どもへの影響等の周知を図るような職員研修や市民講座を行っているか。

③ 西宮市の体制は警察との連携を密にした、踏み込んだ被害者支援が必要だと考えるが、市の考えはどうか。

④ 要保護児童対策地域協議会にDV対策に詳しい専門家を入れるべきと思うが、現時点でどのように考えているか。

⑤ 兵庫県下の中核市で比較すると、西宮市の児童虐待に対する体制が貧弱と言わざるを得ない。正規職員が1人もいない市などないが、西宮市はこの人員と体制でよいと考えているのか。

というものでしたが、特に、④については、

「DVと児童虐待とが、密接に関係している事案もあると考えられることから、今後、DV対策に詳しい専門家等が要保護児童対策協議会に参加することについて検討してまいります」という答弁だったので、これは、遠からず、実現してもらえると思います。

また、⑤については、

「継続的に安定した支援を行うためには、専門的知識を有する正規職員の配置も必要と考えております」という踏み込んだ答弁だったので、これも、大きく改善してもらえるものと感じています。

結局割り当て時間の26分に3分も余らせて終わってしまって「もっと、言いたいことを当局にガ~ンと言ってやればよかったのではないか」と自問自答したりとか、自分へのダメ出しを少しして反省点はのこりました。

33回目の一般質問ですが、何度やっても、難しいのでした。

PAGE TOP